持田繊維株式会社

ユニフォーム管理(ICタグシステム)

非接触のRFIDタグ(ICタグ)によって管理します。

ユニフォームのトレーサビリティーや、在庫コストの掌握、作業負担の軽減などにご活用いただけます。

危機管理

システム導入のメリット

ユニフォームは企業の顔であり一見して身分を示す手段ともなり、着用していることによってその企業の社員であると認識されやすいため、万一紛失(流出)した場合には第三者の自社及び顧客関連施設へのなりすましによる不法侵入や設備の不正使用など、犯罪に利用される恐れもあり、企業としての危機管理や顧客との信頼関係、安全管理に重大な支障をきたします。

正確な所在管理
ICタグへの貸与者情報登録によって、「いつ、誰に貸与したユニフォームが、現在どこにあるのか」が明確になり、正確な所在管理が行えます。

流出防止
退職者等による未返却のユニフォームの発見が容易になり、不正な持ち出しや流出の防止が可能です。

紛失経路を特定
万が一紛失、流出した場合でも経路を特定することができ、原因を究明し易くなります。

コスト管理

ユニフォームは多人数が着用し、使用頻度や消耗度も事業所や個人によってまちまちです。そのため各事業所の在庫分や社員への貸与数なども含めた全数量の一元管理は難しく、生産の際にも単純な注文実績、在庫のデータでは本当に必要な数量が把握できず過剰生産や生産不足になる可能性があります。

適切な生産計画
リアルタイムで全社のユニフォーム在庫、貸与状況が把握できるため、適切な数量や時期での生産計画がたてられます。

在庫の節約
支社、個人単位での注文・貸与履歴やコスト、在庫数も検索でき、使用頻度や消耗度を確認しながら、過剰注文・在庫の節約など適切な指導が行えます。(ユニフォームの耐用年月の把握にも役立ちます)

人件費削減
決算時等の在庫数、コストの算出も容易になり、現状況の把握など制服管理者の業務負担も軽減され、人件費の削減にも繋がります。

作業効率アップ
貸与登録時等、非接触のICタグで複数の同時読み取りが可能なため作業効率が上がります。
Copyright © 2008 MOCHIDA SENICO.,LTD. All rights reserved.